よくあるご質問

よくある質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。
どうぞ参考にしてください。

葬儀の手伝いをしたい
近所の方、会社の同僚、友人のお宅に葬儀があったとき、どんなお手伝いをしたらよいでしょうか?

自宅で葬儀をするのであれば

  1 掃除
  2 弔問客の接待
  3 料理作り
  4 配膳
  5 会葬者の受付
  6 香典の記帳
  7 返礼品を渡す仕事
  8 会葬の間の手荷物の預かり
  9 式場案内図を周辺へ貼る
10 式場周辺の道案内
11 車の誘導
12 会館などで葬儀をするときはお宅の留守番
13 後片付け

などがあります。
内容によっては葬儀社が手配をするものもありますので、

ご遺族に何かお手伝いできるものはないか尋ねてみてはいかがでしょうか

 

ページトップへ

無宗教葬をしたい
わが家ではお寺とのお付き合いがありません。お寺に頼まないお葬式はどうしたらよいのでしょうか?

無宗教葬・自由葬というお見送りもあります

特定の宗教宗派によらない方式でもお葬式は可能です。この方法は無宗教葬または自由葬と呼ばれ、定まった方式がないため、次のことに注意しましょう。
1.黙祷をするなどして、弔うの場であることを明確にする
2.手紙を送るなどして、皆の送る気持ちを表現する

また、葬儀後も弔い方も定まったものがありません。
仏教にある四十九日などを取り入れ、個人を偲ぶ場を作ることもできます。
どのようにお見送りをしたいのか、ご家族で話し合われるとよいでしょう。

 

ページトップへ

葬儀のためのお金って?
葬儀のために、いざというときのために、いくら現金を用意しておいたらいいか心配です。

まずは事前相談を

葬儀費用は、葬儀会社への支払い、寺院へのお布施、飲食接待費用、その他の費用と分けられます。葬儀の規模により費用は変わりますが、慎ましく行う場合には100万円以内も可能です。最近では事前に相談にのってくれる葬儀社が多いので、どういう葬儀をしたいのかを話し、見積もりをとっておくとよいでしょう

お見積り・資料請求はコチラ

 

ページトップへ

祭壇は必要なの?
昨年父を送りました。そのとき迷ったのが祭壇でした。結局袖のついた中クラスの祭壇を選びました。母のときはどうしようかと悩んでいます。いらないという選択もあるのですか?

菩提寺にもよります

菩提寺がある場合、お寺の意向でそれに従わざるえない場合もあります。お葬式というと、どの祭壇を選ぶかでセット方式になっていることが多いです。気に入った祭壇があり値段も手ごろであれば、セット方式を選ぶと便利かつ安くなるケースが多いようです。しかし、気に入った祭壇がないときは提案してみるのもいいでしょう。気の利いた葬儀社ならば、あなたの希望を入れて、その他必要な用品を組み込んで、見積もってくれるはずです。また、菩提寺がないという方の中には自由葬の形をとり、あえて祭壇をなくしたお見送りを希望される方もいらっしゃいます。

いろいろなプランをご提案します

ページトップへ

香典辞退、お花は?
友人の葬儀の案内がきて、そこに「香典は辞退させていただきます」とありました。
親友だったのでせめてお花くらいは贈りたいと思うのですがいいでしょうか?

お贈りしても構わないでしょう

香典はかつて「香奠」と書いたように「香を供える、捧げる」という意味で、本来は弔意の表明です。
お返しをどうするかはともかく、遺族は弔問者の気持ちを汲んで、まずはありがたくいただく、というのが本来的であると考えます。したがって香典、供花は贈る側の意思、弔意の表明ですから、受け取るのが原則となっています。
ご質問では、香典辞退は記されているが、供花辞退は触れていないのでお花は贈ってもかまわないことになります。

 

ページトップへ

日程の決めかたは?

お答え

代々お付き合いのあるお寺様がいらっしゃる場合は、お寺様のご予定と土浦市斎場の予約空き状況、ご遺族様のご都合を確認してから調整していきます。 優先順位は、お寺様のご都合が最優先となります。 お寺様とのお付き合いがなく、紹介をご希望の場合はご相談下さいませ。 

 

ページトップへ

祭壇の種類はありますか?

お答え

土浦市斎場には、白木祭壇が常設であり、式場使用料に含まれております。 また神道・友人葬と仏式以外にも対応しております。 花祭壇をご希望の場合は、花祭壇カタログよりお選び頂ければと思います。 花祭壇の費用は、別途かかりますので御了承下さいませ。

プランについてはコチラ

 

ページトップへ

受付はどうすればよいですか?

お答え

土浦市斎場は式場入口に受付スペースがあり、そこで会葬者の受付を行います。 家族葬規模であれば、ご親族様で二人ほどお手伝い頂ければ問題ございません。 一般会葬者が多数の場合は、ご近所や会社関係の方にお手伝い頂くことが多いです。 その際、お手伝い頂いた方々には、お心づけをお渡し頂きます。

 

ページトップへ

家族葬はできますか?

お答え

土浦市斎場は式場が2つあり、それぞれ120名程の収容が可能です。 少人数で使えないということはありませんので、広さが気にならなければ 家族葬でもご利用頂けます。 

 

ページトップへ

席数は何席ありますか?

お答え

席数は、第1祭場・第2祭場ともに100席となっております。お清め室が2室、火葬専用待合室が5室(約20畳)となっております。

 

ページトップへ

斎場とはどんなところ?

斎場とは葬儀を行う場所のことです

「斎場」というのは「葬儀を行う場所」という意味です。「葬儀会館」「葬儀式場」とか、あるいは横文字で「セレモニーホール」などと言われることもあります。斎場には公営や葬儀社など民営のもの、寺院など宗教法人が経営するものとあります。経営主体により使用料も異なります。また、斎場により設備の内容、サービスも違ってきます。式場だけの使用である場合もありますし、親族が仮眠でき、中には浴室や簡易キッチンを備えたところもあります。また、葬儀後の会食ができる部屋を用意してあるところもあります。同じ「斎場」と言っても、使用料、設備、使い勝手、サービス、といろいろ異なりますのでしっかりと確かめるといいでしょう。

土浦市斎場の施設案内はコチラ

 

 

ページトップへ

土浦市斎場の利用料は?

お答え

土浦市斎場は、土浦市で運営する公営斎場ですので、市民の方が安価に 利用できる斎場となっております。 利用料は、式場費/31,500円、火葬料/市民の方:5,000円・市民以外の方:45,000円、待合室料/2時間市民の方:1,620円・市民以外の方:9,720円(超過料金は1時間毎)となります。霊安室はございません。

詳しくはコチラ
 

ページトップへ

利用の条件はありますか?

お答え

どなたでもご利用いただけますが、市民の方と市民以外の方では利用料が異なります。

詳しくはコチラ

 

ページトップへ

申し込みの方法は?

お答え

一般の方でも運営時間内に直接式場に行き予約をすることが出来ますが、葬儀は葬儀社を通して行うのであれば、葬儀社にお任せされた ほうが間違いないかと思います。

 

ページトップへ

 自宅に安置できない場合は?  

お答え

住宅事情や諸事情により、ご自宅へのご安置が難しい場合は霊安室へのご安置になります。 ただし土浦市斎場には霊安室がございませんので、民間の霊安室へご安置いただき、式当日に土浦市斎場へご移動という流れになります。 また、民間斎場であれば、時間に限りはございますがご面会も可能です。 

ご質問等ございましたらコチラ

ページトップへ

通夜後、式場に泊まれますか?

お答え

土浦市斎場は、通夜終了後にそのまま斎場に残り、泊まることはできません のでご了承下さいませ。H28.9.3現在

 

ページトップへ

戒名とは本来どういうもの?

仏の弟子になる時に授ける名前

「戒名」は「死者につける名前」ではなく、本来仏教では仏弟子にするときに授ける名前のことです。

 

 

ページトップへ

死者を忘れることが供養?
一年前に息子を亡くし、ご住職から「親が嘆けば嘆くほど息子さんの罪は重くなり、成仏できません。早く忘れてあげなさい。忘れてあげることがいちばんの供養ですよ」と言われました。

心に刻み、大切さを確認することこそ供養です

供養するということは、死者を忘れることではなく、亡くなった方が大切な存在であることを自分の中で確認することだと思います。僧侶で詩人の福島泰樹さんが「人は死んだらどこへゆくのか」と自問し、「そうだ、人は死んだら『ひと』の心の中へ行くのです」と書いています。この言葉は深い意味をもっていると思います。心の中にしっかりと死者を刻み込むこと、これがいま大切なことではないでしょうか

 

ページトップへ

分骨したいのですが・・・
分骨すると魂が分裂してよくないことが起こると言われてしまいました。
そんなことがあるのでしょうか?

分骨により魂が分裂することはありません

分骨すると悪いことが起こると言われることがありますが、全て根拠のないことです。その証拠に、昔から高野山などの本山に喉仏部分の骨をその他の部分の骨は自分の家の墓に分骨するという慣習がありますが、それによって不幸が起こったという話は聞きません。葬儀には「○○すると縁起が悪い」という類の話が多く聞かれますが、いずれも根拠のないものです。要はその人の心の持ち様です。ご家族で話合われた結果であれば問題ないでしょう。

 

ページトップへ

墓守の負担を子供にさせたくない
墓を守る負担を子どもにはかけたくありません

永代供養という選択

跡継ぎがいなくてもお寺や霊園が責任をもって守るという形態のお墓「永代供養墓」と言われるものがあり、多くは共同墓(合祀墓)の形態になっています。
しかしこれに問題がないわけではありません。管理がきちんとしているか、信頼できるかということです。よく事前に調査し、値段だけではなく、心から託すに足る寺か面談して選ぶ必要があります。またお墓というものは死者のためだけにあるのではなく、遺された者のためにもあるということを忘れてはいけません。
お子様にとって「負担」となるだけなのか、話しあわれてはどうでしょうか?

 

ページトップへ

嫁いだ娘の死は喪中か
私は喪中になるのでしょうか?

喪中とは「最愛の家族を亡くした悲しみの中にある」こと

戦前ですと、家族は家という単位で見る傾向がありました。しかし現在では、ご結婚され他姓を名乗られても、ご家族であることに変わりはありません。

お嬢様を亡くされた悲しみはたとえようがなく深いものであるとお察しいたします。「喪中」とは「最愛の家族の一員を亡くした悲しみの中にある」という意味です。深い悲しみの中にあるあなたは、まさに喪中です。

 

ページトップへ

散骨したい
散骨する場合にどのような点に注意すればいいですか?

散骨をしたい地域の条例を確認しましょう

遺骨を捨てるのではなく、葬送目的として節度をもって行うのならば違法にはなりませんが、行政によっては散骨を規制する条例を制定している場合もありますので、事前に確認をしたほうが良いでしょう。また、散骨が陸地で行われることについては、周辺住民等との間でトラブルとなることもあります。他人の私有地に無断で行うことは当然できません。公有地については取り決めはなく、また自己の所有地であっても近隣から苦情が発生する可能性があります。海や空で行われることについては問題となることはほとんどありませんが港湾や漁場・養殖場のある場所は避けられるなど、注意すべき点はあります。そして実際に散骨する場合、ご遺骨をそのままの姿や人骨とわかる状態で散骨すると、事件として刑法に触れることもありますので、ご遺骨を粉状にする「粉骨」が必要になります。

 

ページトップへ

喪中ハガキ
喪中はがきは、何親等からだすのですか?

一般的には2親等

一般的には2親等までの親族の場合に喪中はがきを出し、それ以上親等が離れている場合はあまり出さないということが多いようです。
つまり、続柄で考えた場合、両親・兄弟姉妹・祖父母あたりまでです。
しかし、特別な決まりがあるものではありませんので、故人との付き合いや自分の気持ちを優先して考えたらようのではないでしょうか

 

ページトップへ

家にいる者が法事を?
兄と2人兄妹です。兄は大阪で家庭を営み、私は結婚しましたが実家で老母の世話をしています。父の十三回忌が近づきましたので兄の家に電話をしたところ、兄嫁が「いまは長男の責任という時代ではなく、家にいる者の責任の時代」と言います。兄が喪主なはずなのに、納得できません

お答え

まずはお兄様の配偶者ではなく、ご兄妹で直接相談されるのが良いと思います。直接話し合った結果でしたら、お兄様が忙しいから妹であるあなたが代わって差配するという結論になっても、法事は特別のことだからお兄様の責任でやることになっても、どちらでもかまわないと思います。
かつては葬儀・法事は長男の責任と決まっていましたが、いまの時代は違うことも多いでしょう。兄妹が共通して責任を負うべき事柄ではないでしょうか。遺されたお母様の気持ちも考え、ご兄妹でそれぞれ仕事を分担して、きちんと法事ができるようにするのがお二人の責任であると思います。

 

ページトップへ

自宅の庭に散骨していい?
私は自分の家が気に入っています。
死んだ後、自宅の庭に散骨してほしいのですがかまいませんか?

相当の節度と配慮、確認が必要です

散骨というのは遺骨を細かく砕き散布することをいいます。
刑法では遺骨遺棄を禁じているので捨てる目的ではなく、あくまで葬送を目的として、「相当の節度」をもって行われることが求められています。
「相当の節度」というのは、第一には、原型が残らないように細かく砕いて撒くということです。第二は、他の人に迷惑がかかる、嫌がられるような場所は避けるということです。ですから海水浴場、養殖場、生活用水として使用する川等は避けるべきでしょう。また、人々が遊ぶ公園等も適当ではないでしょう。
自分の家の庭なら誰にも迷惑がかからないと思うでしょうが、近所の人の感情を考慮する必要があります。また、形式的に細かい話をすると、散骨した場合、上に土をかけると「埋蔵」になりますから、埋蔵するならば墓地でなければなりません。墓地は許可を得た場所でなければならず、自宅を墓地とすることはできません。誤解を受けない方法で行うのが適当だと思われます。
ちなみに自宅の庭への散骨について司法の判断は出ていません。
また、地元行政の条例に散骨について規制したものがないか確認をしてみてください。

 

ページトップへ

会葬礼状の句読点
葬儀に出席した折りの会葬礼状を見てみると「、」「。」がついていません。
葬儀の会葬礼状には句読点はつけないという決まりでもあるのでしょうか?

昔の名残を留めているのではないでしょうか

元来、日本語の文章には句読点はなく、活字で印刷されるようになってから、
読みやすくするためにつけられるようになりました。
したがって筆で書かれる場合には空間をつくるなどして句読点はつけないのが一般的であったため、畏まって筆で文章を書いた名残りを留めているように思います。

 

ページトップへ

献体はどうするの?
献体というのはどういうもので、どういう手続きをすればいいのですか?

お答え

献体ですが、「医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供すること」を言います。つまり、将来医者になる学生が人体解剖学の実習をする教材に自分の遺体を使ってもらおうとして提供することです。医師養成のために献身するという、この主旨を理解し、賛同する人が、自分の自由な意思で登録しておきます。このとき家族のある人は家族の同意を必要とします。登録の申し込み先は、篤志家団体または近くの各医科大学や歯科大学になります。なお、献体の実行は以下のように行われます。献体登録者が死亡すると、遺族は登録先の大学にできるだけ早く連絡し、遺体の引き渡し手順を打ち合わせします。大学では48時間以内の引き取りを希望しています。別な言い方をすると48時間はお別れする時間があるということです

 

ページトップへ

戒名は自分でつけてもよいものか?
自分の戒名を自分でつけたいと思っています。かまいませんでしょうか?

本来は自分で勝手に決めるものではありません

戒名とは仏弟子としての名前であることなので、これをを了解するのならば、自分で勝手に決めるわけにはいきません。
仏弟子になることとは法縁につながるということなので、住職につけてもらったほうがいいでしょう。
それでも自分で付けたいという気持ちにがあるのなら、生前に住職にその旨をお伝えし、希望の文字などを伝えておくようにしましょう。

 

ページトップへ

お墓を移すには?
田舎の寺にある祖父の墓を現在の居住地に移したいのですが、手続きと費用を教えてください。

まずは現在のお墓があるお寺に相談しましょう

法律的な手続きとしては、
(1)いまある田舎のお寺に埋蔵証明書を発行してもらい、市区町村役所に行って、改葬許可証を得ます。
(2)新しく移る墓地に改葬許可証を提出します。移転先の受入証明書の発行を求められる場合もあります。
法律的には以上ですが実際にはお寺との交渉が問題になるケースがあります。
田舎のお寺としては檀家が一つ減ることになるために改葬を歓迎せず、埋蔵証明書をすぐ発行してもらえない場合があります。まずお寺にうかがい、よく事情を説明し、住職に納得してもらいましょう。なお、いままでのお墓は使わなくなるわけですからご住職に供養をしていただきます(閉眼供養)。このためのお布施はいままでお世話になったことへのお礼と合わせて10〜20万円くらいが相場でしょう。
また、いままでお墓として使用した場所は更地にして戻す必要があり、その工事費用は普通のお墓の場合には30万円位が目安になりますが、規模や立地によるかもしれませんので、事前に確認したほうがよいでしょう。
更に新しいお墓の費用を考えますと、お墓の引越しは手続きも費用も意外とかさむものなので、慎重に計画を立てる事が大切かと思います。

 

ページトップへ

火葬場の帰り道を変えるのは?
いつも不思議に思うのですが、火葬場に行った帰り道に道を変えるのはなぜでしょうか

土葬の頃の習慣の名残でしょう

火葬のために火葬場へ行くときの道と帰りの道を変えるものという習慣は各地で残っています。これは昔、土葬だった時代の習慣が変わって残ったものです。
土葬のとき、お墓に柩を担いで行き、墓に葬った後、帰り道は行きの道と変えるという習慣がありました。なぜかというと、死霊が追いかけてこないためだといいます。行きと違う道だと、死霊が道に迷って追いかけられないと考えられたためです。死というものを、死霊が取り憑いて発生するものと考えられた古い昔の観念がもたらしたものです。ある意味では死の恐ろしさを認識するものであったのです。土葬から火葬の時代に変わり、この俗信は墓から火葬場に場を替えて生き残ったものなのでしょう。もし死霊がいるとしても、いまは遺骨を抱いて帰るのですから、行きの道と帰る道とを変えても意味がないようにも思います。
この話は俗信ですから、いまの時代にあっては守る必要のないものです。
しかし、この話は、死が通常のものではないリアリティをもったもの、遺族の生活を脅かし、精神的に強い悲しみをもたらすもの、という共通した認識が昔の人にあったことを教えてくれます。

 

ページトップへ

お問合せ・資料請求

0120-098-940

土浦市斎場サービスについてのお問い合わせはお電話・お問合せフォームにて受け付けております。
お気軽にご相談ください。

アクセス・営業時間

ご予約・お問合せはこちら

0120-098-940
住所

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町1-1
東武スカイツリーライン越谷駅
西口から徒歩1分

営業時間

受付時間:24時間、365日対応

休業日

なし
お気軽にご相談ください